読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

東京へ

日記-たび


東京へ行ってきました。


名古屋から東京です。
「たび」じゃないと言われそうですが、私的には立派な旅だったので記載。


・秋葉原でトルコと携帯事情
案内人が携帯の機種変更をしたいとずっと前から言っていたがぜんぜんしないんでアキバに連れて行きました。私が連れて行ってもらったといいたいけれど明らかにそうじゃありませんでした。
きょうびの携帯電話は本当に機能が多いなー。
私は、私が求めている機能をしっかり有している、気に入った携帯電話が出たら「あっコレいいなぁ」「はやく安くならないかなぁ」と虎視眈々と狙ってるから、「携帯どれにしよう」というのは今のところない。
しかしきょうびの携帯はその「私が求めている機能」やらをどの機種もちゃっかり有しているんで、次回から迷う羽目になる気がしてきた。
明日はわが身か。

多くの人が混合している、ドコモのFOMAの機種変更は「買い増し」だから。FOMAカード変えない限り2年契約とかでも機種変更できるから!!





中東系の人がお店やっているドネル(ケバブ)サンドおいしかったー。
多分トルコ系の人がやっている雰囲気だった。
左の肉塊の、血が滴っているのについ「きもちわるい」と言ってしまって、
どうやら彼らは日本語がちゃんとわかったらしく、怒られました。
なにやっているんだ、私は!!


販売員であるトルコ系の男の人はかっこよかったです。
トルコ・インドは造型・建築・衣類・食など、そのレベル文化的にも男の人の好み的にも、私が行きたい場所なのですが両国とも観光地以外は女の地位がもっとも低い考え・制度を残す国であるので、なかなか行けないのである。


アキバの、2ちゃんの店っぽいところの近くです。
KFCの比較的近くです。うまくいえない。





メイドさんがいっぱいいた。
メイドさんが明らかに気の弱そうな人をターゲットにメイド喫茶まで客引きをしていた。
なんかやだな。心が黒いメイドっぽくって。
ポン引き雇えばいいのに





・霞ヶ関

外務省を素通りしてきました。
でかいよ、外務省!
広いです。

中に入って、見たいものとかあったけど土曜日だったためかそういう雰囲気ではなかった。

霞ヶ関そのものはほんわかとしたいい雰囲気でした。
晴れていたし緑もよかったし。
しかしそれは土曜日で、北の国の人がなんかやらかすと殺伐とした雰囲気になるのかなー。

・よるごはん

インド&パキスタン料理シディーク
でよるごはん。
ここは本格的なインド料理屋でした。
日本にある国際料理は、日本人が日本人(および当地の人:名古屋とか大阪とか)向けにある程度アレンジしたもの、外国人が自国料理を日本人にウケるようにがんばるもの、日本人が現地料理をまるまるコピーした雰囲気のもの、現地人が現地の味でうっているものの4つにわけられ、一番多いのが最初のもので、うたいもんくで「これぞインドの味」「本格インド料理」といってくるのはせいぜい2番目・3番目にあたるものですが、ここのお店はどう考えても最後のものでした。
チェーン店のようですが、私が入ったお店の店員さんはパキスタン・北東インドっぽい雰囲気がありました。
めちゃくちゃ辛い。容赦ない。
マレーシアのインド・タミル料理店でかいだにおいに似ている、じゃない、まるたまそのもの。
日本で、まともに「タンドリーチキン」と呼べそうなものをはじめてみました。
こういうものは、日本ではインド人によるインド人のためのパーティでしか食べられないと思っていたけれども、そうでもないんだなって思いました。東京にも、あったんだ。

写真はプローン・ビリヤニ
辛かった。


思えば、マレーシアでのあの1年、とくに最初の三ヶ月の毎日カレー生活がなかったら、こんなもの、私は食べることができなかったと思う。
辛いものにはヨーグルト風味の飲料がオススメです。




概して、アジアは日本のカラシ・ワサビ、大陸・朝鮮半島のトウガラシ、南アジア・東南アジアの香辛料からわかるよう、とにかく辛い料理の地域ですね。

広告を非表示にする