みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

インドネシアと楽天

楽天がインドネシアに進出するらしく、それについて思う事はいろいろありますがよくしらないくせにそういうことを論ずるのはよくないのでやめておくとして、1月くらいに卒論を出して引っ越しの準備をしているときに、なんとなく楽天カードを作ってみたらすっごい勢いでポイントがたまっていくのでなんでもっと早く作らなかったんだろうって結構公開しました。
実は、一度楽天カードを作ったことがあるのです、そのとき昔某家庭教師斡旋会社に登録したら自動的に楽天カード作られて送られてきて、その「自動的に」っていうのが気に入らなくて、妙に不気味に思って、届いて即解約したことがありました。楽天カードはなんか嫌な印象があったのです。家庭教師斡旋会社と協力関係にある楽天に嫌悪感があったんです。

年会費無料だし、学生のうちしかカード作れなくなりそうだし、といろいろ考えて1月くらいに楽天カードを発行。それから卒業旅行の宿の手続きも全部楽天トラベルでやっていったら、どんどんポイントがたまっていったんですよ。
実家に帰ってマイナーな本を買いに書店をまわるのが非常に面倒だったため、楽天ブックスを使ったりもしました。
あと、楽天トラベルの航空券予約サービスが案外得だったりします。航空券の手数料がHISなど旅行代理店に比べて2−3千円安い。ある程度旅慣れしていないと情報量が不親切ですが、まあその上ポイントたまるし...

楽天の狙いはそこなんだろうなー。外出するのめんどくさいという人のかゆいところに手が届く+ポイントたまるし、まあ楽天で買おう、みたいな気持ちにさせる。

インドネシアの楽天はどのように展開して行くのだろうか。見物です。

広告を非表示にする