みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

アンチエイジングはじめました

今月25歳になるので、そろそろアンチエイジングを考えねば、と思ったところ、ちょうどよくボディショップの20代後半向けのアンチエイジングラインがインドネシアの市場に出回り始めた。

自然派化粧品「THE BODY SHOP」を知ったのは、8年前のマレーシア留学宙。マレーシアではよくみかけたが、それまでの生活範囲である岐阜にはボディショップはまったくなかった。
インドネシア、というよりジャカルタのモールにはたいてい入店しており、時には1つのモールに2つも入っている場合もある。

価格の方は、インドネシアではものすごく安い。日本のだいたい500円〜1000円くらい安い。全く同じ製品なのに。マレーシアのボディショップもそれくらい安かった。シンガポールは日本と同じくらいor少し安いくらい。

インドネシアの超絶富裕層/中間層/庶民のトリプルスタンダードでは、化粧水1000円クラスのブランドはほとんどない。
デパートにあるユダヤ系ハイクラス化粧品か、100円くらいのものか、二極化している。そんな中、私が使い易いと感じるのが「ボディショップ」のラインだ。そのため、化粧品はほぼすべてボディショップ製品を使っている。

経済が上向きで、各モールが全力で消費者の購買欲を煽っている国インドネシア。そんな国のボディショップはこんなキャンペーンを行っています

「3個かったらさらに2つタダ!
そのかわりタダのやつは1100円以下のものね!!」

というわけで、買ってきました。
今月25になるわけなので、20代後半向けのアンチエイジング化粧品ライン「ニュートリガニクス」ラインの化粧水、ナイトクリーム、目元クリーム、フェイスパックを買ってきました。アンチエイジングは症状が出る前にはじめなきゃいけないらしいですからね。

その上今月は誕生日の月なのでいろいろもらえました。
DSC_7168
上がお金を出して買った3点、
下がタダの分+誕生日月でもらえた石けん2つ。
太っ腹ですボディショップ・インドネシア。

インドネシアのボディショップのウェブサイトは商品説明があんまりないのでそこまで買う気にはならないけど、さすが日本のボディショップ、同じ価格帯のライバル化粧品メーカーに打ち勝つために、あらゆる商品説明を丁寧に載せてくれています。

今はこんだけいろいろボディショップ製品に手を出しているけど、日本に帰ったらあんまり手を出さなくなるんだろうなあ...高いし...。
よい品質のものが安く買える今、購買欲を踊らす空気に乗って、いろいろ買ってしまおう。

広告を非表示にする