読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

日本の携帯がインドネシアよりはるかに安いらしい

 

 

 

 

↑日本のガラパゴスかわいい携帯(スマホ

 4月に一度日本に帰ることに決めたので、日本の携帯事情についてちょっと調べてみたら、3年前と状況が大きく変わってることに気付き、動揺しています。そして、どうやら月々3円で携帯持てるようで、いろんな意味でおどろいています。(参考→「すまコジ「docomo・au・SoftBank 各社で作れる3円運用回線まとめ」

案外、日本のケータイやっす!インドネシア以上にやすいじゃん!

 

Xiとか知らない用語やファミ割とかわかってるようでよく覚えてない制度もあるので相当勉強しなきゃいけない気がします。

たった3年でこんだけの変化って! 日々日本のニュースに触れているつもりでも、時代に取り残されてるのを感じます。

 

 

インドネシアだと10万ルピア(約1000円)で45日間スマホなら回線速度遅いけどネット満足に使える程度というプラン(テルコムセル社)があり、「やっぱ1000円で(実感として)ネット使い放題なインドネシアってすげえなー」と思っていましたが、今日本でも回線遅いけど安いというインドネシアみたいなプランを提供する会社がやまほどでてきたいみたいで、(格安データ通信(ドコモMVNO等)比較ランキング)うれしい限りです。

日本はどこでもスマホで動画見放題っていう安定した高速回線という環境を作り上げましたが、3年前は使用料金が主要三社とも約5000円の一択だったので、こうやって選択肢が増えるのはありがたいことです。

 

携帯のネットインフラだけでなくLCC航空会社の台頭でも言えることですが、これまで日本式スタンダードに日本的価格だったけど、日本式スタンダード劣化版(この場合は低速インターネッツ回線)のサービスを廉価で提供するーーという形態が増えていくのは、なんだかこれまでガラパゴスしていた日本のサービスがアジアに歩み寄っている気がします。日本はお金を出せば出すほどよりいいサービスを提供できるようにしているけど、どこの国でも同じようなサービスが同じような料金受けられるようになっていくのかな。アジアはこういうところから少しずつフラット化していくんだろうな、という予感めいたものを感じました。

 

-気になった日本のケータイ本体について

 

ドコモのFOMAは軒並み防水ケータイになっている。スマホもアンドロイド率高い

</span>

 

 

通話機能付きカメラ。ドコモオンラインショップで5000円。

</span>

コラボが多い。

もともとディズニー携帯で話題を作ってたけど、109ブランド、ヴィヴィアンウエストウッドこちら)、漫画「ワンピース」「ジョジョ」、雑誌のニコラなど。好きなのがあったらテンションあがりそう

キャラ物をうまーくつかってかわいく演出してる日本のガラパゴスかわいい携帯は自信もって輸出できる製品なんで、うまく戦略たててほしいです。ウルトラマンケータイとかマニアに受けそう。