読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

カンドー的イベント「JAKARTA FASHION WEEK」はじまるよー!

 久々に、インドネシアのファッション情報を書くことにします。

 もうすぐ、といっても2週間くらいありますが、10月19日にJakarta Fashion Weekが始まります。にもかかわらず、現場に行けずにとても残念な気持ちになっています。だれかスポンサーになってくれないかな。名古屋ージャカルタ往復7万円だよ。

f:id:m_h:20131002172307p:plain

 Jakarta Fashion Weekというのは、インドネシアデザイナーズ協会と女性誌中心の出版社Feminaが毎年やっている、東京ガールズコレクションの100倍くらい高級なファッションイベントであります。若手デザイナーから大御所デザイナーまでのハイエンドファッションがずらーッと並ぶイベントで、とにかくかっこいい/おもしろい。

f:id:m_h:20131002172102p:plain

 1億総庶民、カジュアルウェア中心の日本人からすると考えられないかもしれませんが、インドネシアの富裕層はパーティー用の社交服というものを持ち合わせています。
 アウトフィット1式20万どころか60万円もするようなドレスやバティックウェアやらを粧し込んで、それぞれどこそこ省役人50歳記念パーティーやらナントカ大臣の娘の結婚式に出かけては、「あらあなたのバティック素敵ね」「ウフフ、この間甥からチルボン土産にバティックをいただいてね、デザイナーのクスモにオーダーしたのよ」「あらッさすがクスモね、その柄をこのように使うなんて。あなたの顔がとても美しく見えるわ」なんてやりとりをしているのです。(本当ですわ、ワタクシ見ましたもの)

 

 そういった社交服をそろえる富裕層にとって、Jakarta Fashion Weekはインドネシアの、将来自分専属にしても良さそうな若手アーティストを発掘したり、お気に入りのデザイナーを見付ける格好の場所。とにかく、インドネシアのハイファッションというハイファッションが集まり、セレブさまご夫人がたがそれに群がる、という図式になっているのです。

 

f:id:m_h:20131002172113p:plain

 また、ムスリムファッションの部も見物。伝統布やら地元産天然石を使いに使いまくったインドネシアのムスリムファッションは、真っ黒いマントみたいなものを着る以外選択肢が乏しい中東のムスリムの女性に人気だそうです。

 その中でも有望株は「Dian Pelangi http://dianpelangi.com/」、デザイナーのディアンちゃんは23歳。19歳で自分のブランドを持ち、豪州、中東にファンを持つ才女です。Pelangiは虹。クールなダイダイのグラデーション柄が素敵です。

 私が投資家だったら、彼女たちにガツーンと投資するんだけどなあ。

 

 Jakarta Fashion Weekそのものはハイファッション中心ですが、最近はずいぶんカジュアルファッションも混ざるようになりました。今年のファッションウィークには新進ローカルブランドのMonday to Sunday, Milcahなどが出るそうで、ハイファッションを求めない駐在員の奥様や女性駐在員も楽しめそうですよ。

 ちなみに、このページでワタクシが自慢していたレザーバッグはJakarta Fashion Week2012で購入しました。物販があるかどうか、毎年わからないものですが、ある場合掘り出し物が見つかりますよ!楽しんでいってねー!