読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

マタニティーブルー中、テンションを上げるために読んだまんが8タイトル

日記-読書記録 日記 日記-妊娠&子育てメモ

妊娠2−5ヶ月目くらいはマタニティブルーでした

妊娠が判明した瞬間は、単純にうれしかったです。

 

でも、そんなのは一瞬だけです。いろんなことを考えて不安な気持ちになりました。

まず、「仕事どうしよう」。引っ越したばっかりだったので土地勘が乏しく、「ここで子育てできるのか」といった不安。さらに「出産の痛み怖い女性器縫うとかヤバい」という恐怖。

「こんな人間的に未熟な自分が母親になっていいのか」「虐待しない自信はあるのか」「子どものドレイになるのか」などなどの自問。

とくに妊娠2〜5ヶ月が、終わりの見えないつわりもあいまって、精神的にしんどかったです。今思えば、一般的に「マタニティブルー」といわれる症状でしょうかね。

そんなときに読んだ、育児&出産関係のまんがを紹介します。順番は読んだ順です。

コミックエッセイは図書館においてある率も高いので、一度最寄りの図書館のデータベースで検索してみてください。

 1.40歳!妊娠日記

40歳!妊娠日記

40歳!妊娠日記

 

大田垣さんのコミックエッセイ。
妊娠初期、わたしはベッドに入っている7時間で最大15回もトイレ行くような状況でした。(この不眠症状がマタニティブルーに拍車をかけていました)大田垣さんは妊娠後期に「30分おきにトイレに行っていた」とのこと。恐ろしくて震える。

妊娠中に北斗星+飛行機に乗ったエピソードは参考になりました。(ワレワレも行きました)

 2.うさぎドロップ

大学生のときに読んでいたまんがを読み返し。

ただ、りんちゃんのような聞き分けのいい子は相当レアなんじゃろな〜。「親子」ではないし。ウチにも一台ダイキチほしい。親子で縄跳びとか、ほっこりする。子どもの成長、ちょっと楽しみになってきます。

3.よにんぐらし 

よにんぐらし 1 (バンブー・コミックス)

よにんぐらし 1 (バンブー・コミックス)

 

 宇仁田ゆみさんの育児まんが。

男の子ってそんなにいろんなところに頭ぶつけるのか、バカなのか、そうなのか...とほっこり〜。

 4.育児バビデブー

育児バビデブー

育児バビデブー

 

日経DUALでまんがを書かれているおぐらなおみさんのコミックエッセイ。やっぱり男の子はバカでかわいい。

 5.働きママン1年生

これもおぐらさんの本。私、こんなふうにうまく立ち回れる自信ない...。心折れそう...。

いろんなタイプのワーキングマザーが出てきたのはよかったです。完璧なんてむりだよね。

 6.妊カツ!妊娠したいすべての人へ

妊カツ!: 妊娠したいすべての人へ

妊カツ!: 妊娠したいすべての人へ

 

ちゃおで「エンゼルリップ」を描いていたあらいきよこさんのコミックエッセイ。不妊治療の大変さが伝わってくる。お金も時間もむっちゃかかる。ちょっと前に話題になった「高校生向き資料の妊娠しやすさ年齢グラフ」じゃないけど、中学生〜高校生くらいでいったん読んどいた方がいいのかも。

7.甘々と稲妻 

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

 

育児マンガにいれていいのか微妙だけど!親子で料理、楽しそう〜。レシピもついているよ。

 8.母がしんどい

母がしんどい<母がしんどい> (中経☆コミックス)

母がしんどい<母がしんどい> (中経☆コミックス)

 

「毒親」界隈といえば田房さんのコミックエッセイ「母がしんどい」です。毒親にならないためにと読んだ本。思ったよりしんどかった。読んでいてしんどくなりました。

お母さん、説明を省略しすぎる。子どもの目線に立たず、子どもの気持ちに一切寄り添わない接し方は、日本的じゃないかんじ。母がおしゃれだと思う服を押し付けることのデンジャーさ、無自覚でした。参考にします。

 

______

読んだ順に8タイトル、ご紹介しました。

読んでテンションが上がるものもあれば、下がるものもあります。ここで紹介しているものの半分ぐらいが、むしろテンション下げるものなのかも。

みなさんの、おすすめの育児・出産まんががあればおしえてください〜。