読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

クリスチャンはクリスマスに寄付をする。2015年に物品寄付した先めも

もの もの-整理術

私が交換留学でマレーシアにいたとき、インド系のメゾジスト派クリスチャン、ポール医師が、クリスマス前に「自分は恵まれているから、クリスマスにこそ恵まれない人々にチャリティ・アクティビティをする。だからミキもこないか」と誘ってくれたことを思い出しました。

話を聞くと、どうも自分は恵まれているという認識を持つクリスチャンは、クリスマスに寄付・喜捨することを美徳とする考え方があるようです。意識高い系クリスチャンであるこのポール医師の考え方は、かなり現在の私に影響を与えています。

 

タイミングよく、86年生まれのプロブロガー(!)のイケハヤさんも、クリスマスにあわせて、おすすめの寄付先7つを紹介する記事を書かれておりました。

こちらでは現金ありきの寄付先がほとんどですが、物品の寄付を受けているという組織・団体も結構多いです!

「カネはないけどモノはある!」あるいは「育ち盛りのがいるもんでおカネはあんまり使えないんだけど、寄付できるモノはある!」という人に向けて、今年私と家族が物品を寄付した先を紹介します。年末の大掃除でいらないものがたくさん出てきている人、捨てる前に参考にしていただければー!

 1.フードバンクかわさきに食器の寄付

フードバンクかわさき - ファースト・ステップ ~ファミリー・バイオレンスについて考えるサイト~

いらない食器を寄付ました! 詳細は記事で!

2.新宿連絡会に男性用衣類の寄付

ホームレス支援 新宿連絡会への寄付

ホームレス支援での有名どころですね。たまたまハラールメニュー開発関連でお手伝いをした飲食店が、新宿連絡会の事務所の近くだったので、立ち寄りました。

リサイクルショップでは、一着50円にしかならないような夫の不要になった服を寄付しました!50円以上の価値を持って再活用されていることを願います!

3.動物保護活動をされている方向けにアクリル毛布の寄付

きっかけは、飼い主がいない犬の預かりボランティア活動の情報をカジュアルに発信されていたid:Ni-njaさん。同じ時期に海外就職をされていた関係*1でフォローしていた彼女から、そういう活動があるというのを知りました。

ni-nja.hatenablog.com

ジモティで発信し、いらない毛布を活用していただきました。ちょうど私がいま住んでいる川崎は動物殺処分ゼロを掲げている自治体で、にんじゃさんのような活動をされている方も多かったので、すぐ引き取り手が見つかりました。よかった。

 

 

<関連記事>

mikihoshi.hatenablog.com

 

 

*1:ジャカルタからシンガポール出張に行ったときに、オフパコならぬオフ・ディンタイフンに参加させてもらいました。きれいなおねいさんです