みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

girls are required to make up


大学は自分のスタイルを確立する期間なのかも。

中学、高校の頃は化粧するのが「やってはいけないこと」扱いになるのに、大学ではどちらでもなくなり、そして社会人になると「しなくてはならないもの」「すっぴんはマナー違反」と言われる様になる。そのため大学生のうちにメーキャップスキルは身につけておかねばならない。
わたし自身も大学生でいる間にある程度のメーキャップスキルを身につけ、自分に合うファッションを探し出せたかなあと思う。
ファッションに至っては、流行ものをひたすら追い求めるのでなく、季節の前に『次の季節はどんな格好をしようか』と自分で考えて、それに必要なアイテムを市場あるいはヤフオクなどで探し出すのが面白い。
新入生は明らかにそれに慣れていないため、たまにかわいいけど小さいバッグを辛そうに3つ抱えた女の子に遭遇したりもする。授業数の数的に荷物が多いのかもしれないが、何を持っていけばいいのか、何がいらないのかまだまだ見極めている段階だと思う。
この時期迄新入生はぜんぜんお金がないんじゃないだろうか。入学して2ヶ月。そろそろバイト代が入った頃か。
お金は大切にして、散財しないで、がんばれ新入生。


ファッションは女子の方がアイテム数は多いが、男子ものと比較すると安い。
系統によってかかる金も違うから、男子と女子どっちの方が服に金がかかるかは話ようが無い。
でも化粧は違う。しかも、これかなり金かかる。1万5千円くらいはみんな使っていると思う。
男子の中には『化粧なんてしなくてもいいじゃん』っていう人もいるでしょうけど、冒頭で述べた様に社会人やるときゃメークせんとマナー違反なんですもん。


(一例)

私の場合:左上から横に
メンソレータム 定価150円 購入価格100円
チークカラーオレンジ(ケサランパサラン) 定価3000円くらい
チークカラーオレンジベージュ(ちふれ) 定価315円
コントロールカラー(エテュセ)2000円くらい
コンシーラー(マキアージュ)2000円くらい
口紅(無印:就活用)800円くらい
まゆげ書くやつ(インターグレイド)500円くらい
マスカラ(ボディショップ) 2000円くらい
アイカラー(スージーニューヨーク)2000円くらい
香水(イブサンローラン)800円くらい
チークカラーピンク(ディオール)3000円くらい
BBクリーム(ミシャ)1000円くらい
化粧下地(ナチュラルハウス)1500円くらい
ミニマスカラ(エスティーローダー)1000円くらい
ファンデーション(ボディショップ)3000円くらい
(記載外)
リップグロス(ランコム)2000円くらい
ミニサイズリップグロス(エスティーローダー)800円くらい
フェイスパウダー(ケサランパサラン)3000円
フェイスパウダー(キスミー)1000円くらい

だいたい2万5千円.
大学はいったばかりだとお金がないからこれだけ揃えられないから、たまに部分的に決まってる子や、明らかに安物でそろえている子も見かける

(あと香水がけっこう好きなので買っている)

広告を非表示にする