読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

インドネシア大の「日本ファッションショー」の審査員やってきました

インドネシア 事業 事業-事業報告 インドネシア-インドネシアの消費スタイル


 今月6日に、インドネシアの東大的存在であるインドネシア大学で「日本文化祭」があり、そこで学生らによる「インドネシア風東京ファッションショー」なるものが開かれました。インドネシアで手に入るお手頃なアイテムを使い、かつインドネシアらしさも残しながらも、日本っぽいスタイルを作ってください、というものです。学生がどう日本ファッションを解釈してて、どう自文化と混ぜて表現するのか、感性といっしょにかいまみれるなーと気になっていたら、審査員として呼ばれたのでのこのこといってきました。

 

 まず、インドネシア大学について。東大同様、結果として「インドネシア国内でも所得層が高い家庭の子弟が多い」そして洗練された考えを持つ家庭の子どもが通う学校です。2010年、オバマ大統領もインドネシア訪問時に同大学で講演しています。

 ここの大学には人文学部日本語学科があり、毎年学生が主体となって、日本の学園祭or祭りを模したイベントを開催します。今年で19回目と、長寿イベント。クオリティは年度によって異なりますが、「漢字コンテスト」やら「折り紙コンテスト」「餅つき」など日本人的には「えっ」と首をかしげるようなものから、「浴衣の着付け体験会」、日本のコピーバンド、コスプレコンテストなどまで、手作り感満載。総合的に「インドネシア人が解釈する日本のクラシックカルチャー、ポップカルチャー」をかいま見ることができるイベントです。ちなみに、毎年動員数が万単位です。

 

 さて、インドネシアの(偏差値的な意味で)最高学府インドネシア大の学生が解釈した「日本のファッション」はこんなかんじです!

f:id:m_h:20130706113834j:plain

 (1)男性 日本のストリートファッションウェブマガジンなどを参考にスタイリングとのことです。「柄シャツと、原色ハーフパンツが日本らしいポイント」とのこと。なんだか全体的に惜しいかんじ。インドネシアらしさが無視されているということで審査員からの評価は低かったです。

f:id:m_h:20130706114358j:plain

 (2)女性 「ハラジュクスタイル」とのことですが、どうもレディー・ガガグウェン・ステファニなど欧米アーティスト経由の原宿スタイルに見えてしまう。後で話をきいたところ、そのあたり混合されている模様でした。

f:id:m_h:20130706114748j:plain

 (3)女性 一昔前の甘姫・ロリータ系。フワフワの羽つけたり、テディベアつけたり、お花の輪っか付けたり、でも網タイツだったりと「そうくるか」。インドネシアらしいポイントはアクセサリーの一部。参考スタイルは雑誌の「KERA!」だそうです。顔が美少女なので似合ってました。

f:id:m_h:20130706115312j:plain

 (4)女性 「原宿スタイル」だそうで。たしかにこういうのあったなあと思いつつも、今こういうスタイルは違うよなあ…。こちらもインドネシアらしいポイントはアクセサリーのみとなっておりました。

f:id:m_h:20130706115538j:plain

 (7)女性 参考スタイルはきゃりーぱみゅぱみゅ。確かに、色使いがきゃりーっぽい!彼女も顔がかわいいので似合っていました。

f:id:m_h:20130706115917j:plain

 (8)女性 「バリにいる日本人ギャルをイメージ」したというスタイル。たしかに、一番「インドネシアらしい日本スタイル」ではありました。「ガングロギャルスタイルは日本では古い(15年以上前ですね)けど、インドネシア人の肌の色にあったスタイルで、みんな取り入れやすい」とのこと。その発想はなかった。3位。

f:id:m_h:20130706120400j:plain

 (9)女性 彼女も「KERA!」を参考にしたパンクスタイル。インドネシアの伝統布バティックを使いながらも、ガールズロックな雰囲気をきちんと演出してます。

f:id:m_h:20130706120545j:plain

 (10)女性 コンセプトは「ロックな森ガール」。背中がぱっくりあいてそこにバティック柄がコンニチワするようなデザインです。色使いもうちょっと考えればこれはこれで新しいスタイルだなーと感心。

f:id:m_h:20130706121021j:plain

 (11)女性 「インドネシアの森ガール」。森ガールにこのタイプの麦わら帽子はちょっと違う気がしますが、ハイウエストなどトレンドも取り入れており、メイン柄となるバティックの使い方が非常によい。東京に歩いててもそんな違和感ない気がする。ダントツの総合優勝です。

 

 全体的に、「みんな日本のスタイルに興味持ってるけど、いまいち情報が古い」ということを感じさせた9人。インターネットを通じてスナップサイトや、きゃりーぱみゅぱみゅなどのアイドル情報を得るなどしていましたが、どこか今ひとつ。でも、みんな日本発のファッションスタイルに興味持ってくれてるんだなー。

f:id:m_h:20130706125336j:plain 

 あと、みなさん「KERA!」に出るゴシックロリータやパンクスタイルに注目しているようです。日本らしいファッションというとそのあたりが目立つんでしょうね。

 もっと情報もモノも提供していけば、うまくインドネシアのカルチャーと混ぜて新しいスタイルが生まれそうだなーという素地を感じました。だれにどんなものを売るか、だれに「こういう日本発のスタイルがあるよ」と発信していくか。
 インドネシアは若者人口が日本より多い国、若い人向けのファッションブランドは活躍の場があります。がんばれ日本のファッションブランド!