読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

はてな手帳出し アドベントカレンダー 2013

f:id:m_h:20131223134212j:plain

「はてな手帳出し アドベントカレンダー 2013」のイベント(http://atnd.org/events/45874)に参加しています。

せっかくなので、まずインドネシアの手帳事情を紹介し、その後みきほ氏の手帳を紹介します。これからインドネシアに行く人の参考になれば!

 インドネシアの手帳事情

手帳はほとんど売っていません。

 2010年なんかは確実に国産の市販手帳が販売されているところは確認できず、無印と輸入書籍・雑貨店でモレスキンかペーパーブランクス、日本のマークスの手帳が売られる程度です。モレスキンと並ぶということは、それだけマークスの手帳のクオリティが高いということなんだろうなあ。

 2013年1月ごろにはちょっとだけ国産手帳が売っていましたが、種類は2−3種類のみ。ちょうどそのころ、ユニクロがインドネシア1号店を出しますという記者会見を開き、記者達にユニクロのノベルティ手帳を配っていました。卓上カレンダーを配る企業はたくさんありますが、手帳を配るというのは本当にまれだったのか、その後よその記者会見でユニクロ手帳を使っている記者さんたちを見かけることがありました。

 

 そんなわけでインドネシアでは手帳があまり普及していないです。ファッション性の高い紙のノートやかわいい筆記用具が広まる前にスマホが普及した国なので手帳が広まる潜在性はあるのか不明。

手帳文化をまるごと輸出も無理じゃない

 しかし普及率でいえば、日本ほど手帳が普及している国のほうが珍しいのではないだろうか。

 ほぼ日手帳の英語版を見ても思いましたが、きちんと外国語表示などをして使い方などをうまく宣伝していけば、手帳とその周辺雑貨は輸出して海外に広めることができる文化製品群だと思うのです。対象国は、GDPがどうとかじゃなくて、「女子中学生の一ヶ月あたりの小遣いが10ドル以上」という国。どうでしょう。

 

さて、手帳だし。

わたしの仕事と手帳10−13

 2010年4月から2013年3月まで日刊紙で働いていました。まいにち、新聞作っていました。その日に起きたことをまとめて翌日の新聞をつくる、という作業の繰り返しの日々を送っていました。ロシアの飛行機が落ちるとかジャカルタに隕石が落ちるとかムラピ山が噴火するとかいうニュースは、突発的に起こるので、仕事の上で手帳はなくても問題ありません。

 しかし、私はその仕事に加えて、週に一度インドネシア人のライフスタイルに迫るというテーマを持ち、人様のかばんの中覗き込んだりインドネシアのモードファッションショーに行ったりと、あらかじめ予定をたてて進めていく仕事が多かったので手帳は必須でした。

空飛ぶほぼ日手帳

 1年目は日本から持ってきた4月始まりのバーチカルタイプの手帳を使っていました。使い心地は可もなく不可もなくという感じ。「来年の3月に一時帰国するから4月はじまりのものを買えばいいや」という程度に手帳計画を立てていました。

 しかし、7月ごろに、日本からジャカルタに遊びにきた友達が持っていたほぼ日手帳をみて、一気に手帳計画が変わったのです。モノに飢えてたからか、友達の持っていたほぼ日手帳がすごくよいモノに見えて、なんだかめちゃくちゃうらやましくなって、ほしくなって、「1日1ページ使えるって、よさそう!」と思って、10月ごろに購入。ほぼ日手帳の通販は海外にも送ってくれるのでめっちゃ助かりました。

 前述の通り、インドネシアでは手帳がほぼ手に入らない。そしてほぼ日は公式通販が海外に送ってくれるし、使い始めたらやっぱり使いやすい。そんな流れで、2011年以降はずっとほぼ日です。海外通販を使ったり、実家に送って親に転送してもらったり、一時帰国する人に買ってきてもらったりと、なんやかんやでほぼ日は海を渡って私の記者生活を支えてくれました。

 

 ちなみに、私以外にもジャカルタにいた日本人でほぼ日手帳を愛用していらっしゃる方はいました。年が近い駐在員の男の子は「毎年会社にお願いして(貨物に入れて)入れてもらってる」といってましたね。名前を出して良さそうな人でいえば著名コンサルの松井和久さんもほぼ日使っていました。

 

さてさて手帳出し2013

 エイヤッと昔の手帳を出したいところですが手帳はすべて実家においてあるので、転換期2013年の手帳をお見せします。

 

 今読み返すと、中身の充実度は、仕事の忙しさに反比例しています。割と余裕があった時期はけっこういろいろ書いたりはったりしていますが、忙しい時期はまっしろ。そんなふうにわかりやすいという点では、後から読み返してみてもとても読み応えがあります。


退職して晴れて無職になった4月はリアルが充実

f:id:m_h:20131223134230j:plain

とりとめのない行動メモを残したり。

f:id:m_h:20131223134947j:plain

4年ぶりの秋の冬で、トレンドも自分の年齢も変わったので本当に何を着ればいいか分からず、街中でおしゃれな人を見つけてはコーデをメモしたり、自分のワードローブなどをメモイラストにいれていました。イラストをいれたページなどもあったのですがフォトライフの容量がオーバーしたのでこのあたりで!

 

2014年もほぼ日を使います

f:id:m_h:20131223134212j:plain

 2014年もほぼ日を使います。前述の通り手帳に空を飛ばせていたので、はじめてロフトで自分の財布からお金を出して店員さんから手渡してもらいました。

 実物見て手帳を選べるのはいいね!!今年はカバーを黄緑色に変えました。

 

次の手帳出しid:beri_berryさんです。よろしくお願いします!

 

広告を非表示にする