みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

マルチ化した親友はトンデモを発信するようになったし、トンデモ信者はマルチっぽいことやってる

www.buzzfeed.com

ひたすら応援している記者さんがいる。医学部で6年間学び、社会派ネットメディア記者として頭角を現している朽木誠一郎さんだ。ご本人にはニタサカアツシの結婚式2次会でお目にかかった。握手求めればよかった。

その朽木さんが、すごくいい記事を書いてくれた。読み進めながら、何度も「これを書いてくれてありがとう」「言語化してくれてありがとう」「こんなにわかりやすく事実を切り取ってくれてありがとう」と思った。ほんとうにありがとう。

前回の記事で書いたように、わたしは親友が、カイロプラクティックの皮をかぶったネズミ講に囲い込まれ日本語によるコミュニケーションができなくなり、現在絶縁状態にある。

ちょっと朽木さんの記事とこれを読んでから、↓すすめてくれたまえ。

mikihoshi.hatenablog.com

続きを読む

親友が、カイロプラクティックの名をかぶったマルチ商法にドはまりし、ソーシャルキャピタルを崩壊させていく話

note.mu

これの続編を書いて、インスタにあげました。

親友が、カイロプラクティックの名をかぶったマルチ商法にドはまりし、ソーシャルキャピタル社会関係資本。信頼関係に基づいた人脈資本)を崩壊させていく話です。

すっごく読みづらいと思います、そのうちきれいな白黒にして、文字もちゃんとフォントをいれて、読みやすくしたい。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

ここだけで、すくなくともマコちゃん(初期では『マコぴょん』と表記)はAちゃんとの関係が切れてしまっています。そして現に、わたしとの関係も切れています。

カイロプラクティック=悪」ではない

カイロプラクティックが悪いのではなく、この組織がおかしいのだと思っています。またこの組織の中でも、派閥がエリアなどによって細かく分かれているようです。たまたまマコちゃんは、物販キエエエエな派閥(アイ先生&アイ先生の上司『カリスマ』)に入ってしまっただけで。

ただ、読者のみなさん、もしたまたま行ったカイロプラクティックが、ゴムバンド(BCB、ボディコントロールバンド)とか骨盤ベルト(パワーガード)とかふとん(ヘルスウェーブ)とかまくら(すややか、あおたけ)とかサプリメントとかをすすめてくるな~~とおもったら、この組織の傘下で物販キエエエエな派閥の人かもしれません。

「ハルオサン(id:haruosan)」のブログを読んで

なぜマコちゃんは、商材の価格設定がおかしいことを知りながらも、この世界に入ってしまったのか。もともと家族(義理姉)がこの組織に入っていた...というのもあると思うけど、この組織の独特の雰囲気もひとつの要因かと思うようになりました。

この組織、とにかく人を褒める。手ごたえないまま演習を進めていた私に対しても「腕がいい」とか言ってくるわけです。もともと医療系の仕事についていて、持っている知識を活かしながら演習をしていたマコちゃんは、ほめたられたら手ごたえを感じたでしょう。

今日7月12日のハルオさんのブログで、「独立させるよ」とうたっていた超ブラック企業は「従業員をすごく大事にする会社」で、「社長や上司や同僚からものすごく優しくされる」「手厚くされる」「よくがんばったね、一緒にがんばろうね、という言葉を毎日かけてもらえる」...という文言をみたとき、「ああ、これ、マコちゃんが入ってるあの組織もこんな感じだわ...。」と思った次第です。

1日セミナーのときもみんなむちゃくちゃ笑顔だし、にこやかな雰囲気だし、やたらやさしかったし。

www.keikubi.com

べつにマコちゃんが好んでこの組織にどっぷりつかっているのはいい。だけど、この組織以外の社会関係資本をどんどん減らしていっているのを見てるのはつらい。

一時は、休日も平日もこの組織の人とだけかかわっていて、この組織の人意外と接点を持っていなかったようですし、今も多分そうです。

補足

id:kurataikutuさんとのツイッターでのやりとりで、あのまんがだとこの組織の体制の説明がわかりづらいなーと気づいたので補足。

初級セミナーは誰でも(「カリスマ」派閥では、1日セミナーでカリスマなどが「腕がいい人」と推薦できる人限定となってたけど)参加できるけど、

それより上の上級セミナーとか優秀セミナーとか美容セミナーに参加するには、この団体が推奨するカイロプラクティック器具を売らなきゃ参加資格を得られない、というシステムです。初級セミナーでも開業できるけど、「初級セミナーの技術だけでは開業するには不十分だよ。上を目指そう!」とけしかけてくるわけです。

画をきれいにして文字入れもちゃんとしてそのうちKindle本にして99円にするので買ってください

mikihoshi.hatenablog.com

みきほし30歳3大事件

 本日31歳になりまして。
昨夜夫に「みきほし30歳 3大事件ってなに?」って聞かれて、
なんだろう~~と候補を書き出して、整理してみました。
この3つかなあ。

・家族全員健康であることのありがたみは、失ってみないとわからない。七夕の短冊は「家内安全」。
・東京都EAT TOKYOに参画できたのは、私の中でとても大きかったです。事業参画が次の仕事につながり、自己紹介としても「EAT TOKYOで店舗アドバイザーやってます」と言えるのは大きい。「世の中の信頼を勝ち取るきっかけになった」のと、めちゃくちゃ充実した2か月間でした。会ったことないのに推薦してくれた究さんには感謝してもしきれません。
・これめっちゃ人に話したくて仕方がないけど、胸焼けする要素いっぱい詰まってるので省略します。( ツイッターとかではちょいちょいおもらししてますし、途中でかきっぱになっているnoteまんが「親友がマルチに囲い込まれて心がぺしゃんこになった話」がそれなんですが。)黒柳徹子さんが野際陽子さんの手紙に「お友達でいて下さってありがとう」という言葉があって、自分の人生の終わり掛けに、この言葉を伝えられる相手がひとりでも多い人生になるといいな、とおもいます。また、phaさんの本に「幸せに生きるためには自分とある程度同じ価値観や同じ世界を共有する仲間や友人を持つことが大事だ」っていう、印象的な文言があってね、私自身ずっと、同じ価値観の人間てまとまるとタコツボから出られなくなって多様性がなくなって社会から置いてかれたことすら気づけなくなるから、そうならないように気を付けてたんだけど、心の平穏のためにも、同じ価値観や世界を共有する仲間を増やしたいって思った。31歳はそのように生きたい。

備忘録 子ども食堂の問題点メモ

はじめに、私自身は子ども食堂に興味はあっても、アクセスおよび可処分時間の事情で、一度も足を踏み入れたことはありません。話を聞く限り、こういう取り組みは素晴らしいし、必要とされている限りどんどん広がればいいかなと思っています。人生でもうやることなくなったらこういうことやりたいなあ、と漠然と思ってます。(現物見たことないんだけどね)

となりの区で、子ども食堂が新たにオープンしました。厳密には、となりの区で営業している飲食店さんが、子ども食堂の試みを始めました。が、オープン時に現場に居合わせた人の話を聞くに、子どもたちの前で「うるさい」と文句を言ってきた近所の方がいた、ということです。

普段はうるさくないタイプの飲食店だったため、近隣の人は平穏な日常が壊され気分を害したのかと思います。こういうトラブルってほかにあるのかな?と思い、「子ども食堂 問題」で検索してみたら、騒音問題だけでなく、いろいろと出てきました。読んだもののリンクまとめメモです。

zukaiseiri.hatenablog.com

やってみなきゃわからないことも出てきますが、こういう反省と考察は同じような失敗を防ぐよい教訓になりそう。

「なんでも自分でやろうとすると、資源が枯渇してめちゃくちゃに終わる」というのはどんな事業にもあてはまる。

広報とかであれば、自分でもサポートできそう。プロボノ的に参画するというのもありだなあ。

blogos.com

マルチに囲い込まれた友人が、退職したあとに失業手当を受ける手続きを頑として拒んだことを思い出した。生活保護を受けるべき人が申請しず、生活保護を受けている人を叩く構図も、これらと同じなのかもしれない。

あと、スマホで記事を読んでいるときに「子ども食堂って貧乏な人が行くところでしょ、と言われた」みたいな話も見かけた。

どうしても、普段会う人・交流が続いている人って、自分と興味・関心・語彙が似ている人ばかりになってしまう。普段会わない友達や親戚などに「子ども食堂をどう思うか」と聞いたりしてみよう。

「思い切りのよさ」が足りなくて機会損失した話

wavestyle.hatenablog.com

別ブログでも書いたのですが、女性向けビジネスリュック「biz+u」を買いました。

厳密には、クラウドファンディングの「makuake」を通じて支援し、リターンとして現物がもらえる仕組みです。プロジェクト自体は、川崎ぺちゃくちゃないとで登壇した時に知り合い、Facebook友達になった池之上さん(株式会社りくつな | Liczna inc.)の投稿で知りました。ミラサポでも鞄制作ストーリーが掲載されていました。

www.mirasapo.jp

支援額(購入額)は56,250円と決して安くなく、私にとっては現物見ずに買えない額です。

なのですが。

けっこうな人が現物展示が始まる前に支援(購入)されてたんですよね。このクラウドファンディングのプロジェクトを知ったときには、すでに「超早割」は売り切れていました。また、現物見に行く2週間くらい前まで、2つセットで割引になるコースがあったんですが、私が購入するころにはもうなくなっていました。お届け予定時期も、当初は7月でしたが、私のは届け時期10月。

その、買った人の、思い切りのよさ、すごい。ネットの情報だけで5万もするもの買えるの。可処分所得に余裕があるからなのか、この横山さんへの信頼からなのか、サイト上の情報で十分なのか。サイト上の情報で十分ならば、どの情報が決め手だったんだろうか。

なんにせよ私は、その思い切りの良さが足りなかった故、手に入る時期が3か月も遅くなってしまったわけだわ。

この、ものごとを決断するコストが低い人たちと自分は、何が違うのだろう。。。

いや。ともあれ、鞄が届く、楽しみ。10月かあ、長い、長いぞ~~。

f:id:m_h:20170606125147j:plain

右のオールレザートートバッグはインドネシアで60万ルピアくらいで買いました。でかいトートバッグでなんでも入って、わたしの良い相棒でした。インドネシアは良質なかばんが安価で手に入って天国でした。

MORN CREATIONS シャークバックパック L ブラック

MORN CREATIONS シャークバックパック L ブラック

 

 ↑就職したばかりのころ、ジャカルタでローカル企業などを取材するときはこのかばん背負ってました。先輩(日本人)にすげえドン引きされてた。

開業1年

個人事業主として開業届を出して今日で1年が過ぎました。
自治体からお話をいただいてから、一気にあちこちでお仕事やご相談をいただくようになりました。
まだまだ利益は全然出ていませんが、時短やパートで働くよりはるかに稼げてるし、なにより時間・仕事の裁量権があるのが、一番楽。家族と自分の健康と余裕を最優先にできるのはうれしい。
これも、支えてくださる家族をはじめ、「大丈夫?買いたたかれてない?」とアドバイスくれる、みなみなさまのおかげです。引き続きよろしくお願いいたします!
とはいえ5月はノロウイルスからの回復と、お声がけいただいている事業の消化ですかね...。
わたしの5年後の目標は、とにかく仕事をとってきて、「可処分時間に制限があり長時間労働ができないけれど、語学スキルがある人(特に女性)が自宅で稼げるスキームをつくる」こと。一歩一歩、形にしていきたいです!応援ください~。

日本の朝食ハードルが高い話

headlines.yahoo.co.jp

はてなブックマークid:pilpilpilさんのコメントには笑った。笑いこらえられへんでしたーの失笑。

子どもの朝ごはんは「3日連続でドーナツ」――今どき母親たちの“トンデモ朝ごはん”に共感の声も (週刊SPA!) - Yahoo!ニュース

朝:ドーナツ、昼:ヌガーチョコとバナナの国ではGoogleAmazonがあり、朝:ご飯・焼き魚・味噌汁、昼:愛情込めたお弁当の国では東芝SHARPがある。

2017/04/25 12:18

b.hatena.ne.jp

外食事情でいえば、シンガポールインドネシア、マレーシアにいたころ、本当に恵まれてた。共働きがスタンダードなシンガポールは、朝食を外食か中食で食べるのが標準装備みたいなかんじで、粥とか中華まんみたいなのが街角で、お安い値段で売られていた。(店→クダイ)朝起きたらおじいちゃんがジョギングに行って帰りに家の前に売りに来てるワルンかホーカーズ(公共フードコートみたいなところ)に立ち寄って家族全員分のおかゆを買い、子どもはそれを食べてから登校する、みたいなかんじ。

マレーシアは、私が滞在した約10家庭を見る限り、毎日ではないが週に1-3回外で買ったものを朝食べる家庭がまあまああった。インドネシアは所得層によるけど、中食用の移動式屋台(ワルン)があって、粥とかソトアヤム(ココナツミルク入りチキンスープみたいなもの)が朝から手に入った。

f:id:m_h:20170428101226p:plain

日本でワルンやクダイに相当するのは、コンビニ。セブンイレブンが「朝セブン」なる、パンとコーヒーで200円というキャンペーンやっててヒットしたなあ。

rocketnews24.com

他のお店(コンビニだけでなく外食・中食含む)朝セブン的のようなキャンペーンを展開してくれたら、日本人の朝食事情が変わりそう。こういうキャンペーンは、「朝ご飯は米と味噌汁と卵焼きとしっかり食べなきゃ」と思ってる層に、「朝ごはんこれだけでもいいんだ」っていう気づきを与える。

出羽の守とか言われそうだけど、日本人は朝食に限らず食事全般のハードルが高すぎると思う。みんな楽できるといいのに。みんな楽しようぜ。