読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

サイズアウトしたメンズスーツのリサイクル先メモ(2015.11)

一気に寒くなってきましたね。家族の衣替えから、クローゼットの整理を推進しました。でてくるでてくる、「あっこれもう着れない」というスーツ。あるいは、好みが変わってあまり着なくなったスーツ。

例のごとく、このブログではものを捨てるのではなく、ものの再利用を推進していますので、リサイクル先メモを残しておきます。年末の大掃除や断捨離などで役に立てていただければ幸いです。

  • 具体的なリサイクル先メモ
  • 「物質的トリクルダウン」の考え方メモ

の順に記しています。

(2016.12追記しました)

 

具体的なリサイクル先メモ 

<現金化したい場合>

青山、アオキ、コナカなどスーツ量販店で下取り割引してくれるのは非常に有名なので割愛します。

平木屋

事前に依頼フォームでの見積もりが必要。
アオキなど量販店のスーツも対応してくれるようです。

ランディアなどブランドリサイクルショップ

ただし、バーバリーブラックレーベルポールスミスなどのブランドものに限る模様。

モードオフ、ブックオフスーパーバザーはお店によって対応が違う感じでした。

<寄付目的>

捨てるのに罪悪感を感じてしまう人、ある程度送料など負担してもいいから「次の使い手に渡って使ってもらえれば」という人向け。

高島屋

2015年までは11月30日まで受け付けてくれるそうです。店舗でも回収していたけど、記事アップが遅かった..。
リサイクル業者に渡るそうです。

NPO法人ブリッジフォースマイル

活動に参加する – 初代タイガーマスク基金

児童養護施設を巣立つ子どもたちに寄付する、というもの。
次の使い手は余分な脂肪があまりついていない若い子と思われるので、
そんなに流行遅れの型ではない、スリムタイプのスーツを持て余してしまっていたら、こちらに寄付するのがよいかと思います。状態のいいものを送りましょう。

「物質的トリクルダウン」の考え方メモ

一つの考え方です。メモ的にまとめておきます。

 

友人のトドロキさん(ジャカルタ首都圏在住)から以下の指摘が。

 

अह्मद् तोदोरोकि on Twitter: "@miqiho リサイクルショップはここ10年で更に増えた印象ですが、こうした事態の改善にあまり寄与していないでしょうか?"