読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきほ氏ブログ

川崎在住、トリリンガル。日本にくる外国人観光客事情と対応術、インドネシア・マレーシアまわりのことを中心に書いています

飲食店必見!断食月だから低コストでできるラマダン用メニュー

ラマダン中のイスラム教徒の飲食事情についてのみみると、

  • 日の出から日没まで、日中は飲食をしない
    (→よって、「ハラール認証済ランチメニュー」はほぼ売れない)
  • 旅行中は断食しないという考えの人も
  • 病人や生理中の女性など断食義務適用外もいる

というのが簡単なまとめです。

断食期間中は、ハラール認証メニュー云々よりも、1日の断食の終わりの時間のタイミングで水やフルーツを提供してくれる方が、イスラム教徒の方にはありがたいでしょう。もちろん、ハラール認証済メニューもうれしいのですが、日中は食べられませんから。

水とドライフルーツだけ! 飲食店さんにおすすめしたいメニュー

じゃ、どんなメニューがいいかというと、ミネラルウォーターと、無添加のドライフルーツだけ。この2つだけのセットでいいです。

ざっくりいうと、ドライフルーツは認証あるなしにかかわらず、ぜんぶハラール(=イスラム教徒が食べていいもの)と思っていいとおもいます。ただし、砂糖とかシロップとかいらんものがかかっていなもので。

一番おすすめのドライフルーツはデーツです。これを出しておけばイスラム教徒も「おっこの店わかってるな」と思ってくれます。

 

ハラール認証付きのお菓子

調達可能であれば、ハラール認証付きのお菓子もつければいいでしょう。ハラール認証マークはこういうものです。神戸物産業務スーパーには必ずハラール認証済のお菓子が売っていますし、100円ローソンや100円均一、輸入食材店のコーナーに行けば見つけることができます。

とはいえ、探すのが面倒だったり、自信がないのであれば、下手に手を出さない方がベター。ミネラルウォーターとドライフルーツだけで「ラマダン・メニュー」としてOKですよ!

 

「食材をハラール認証でそろえるのは大変お金がかかる...」

「専用キッチン作る予算なんかない...」

と、イスラム対応を最初からあきらめている飲食店さんこそ、断食月ムスリム対応をしてみてはどうでしょう。

 

ラマダン対応関連のご相談などあれば、下記にお気軽にご連絡ください。